マキノの家のテクノロジー

イベント情報

すららアベニュー上林でのイベント開催情報を更新中!
イベント情報
すららな暮らし安心安全

建築基準法の仕様規定に基づき、一棟ごとに行う構造計算によって建物のバランスを考慮し耐震性や耐風性を確保しています。

すららな暮らし

変わりゆく環境の変化に対応し建物の断熱性や通気、換気を向上させ、四季を通じて快適な暮らしを実現しています。

すららな暮らし

エネルギー効率の高い給湯器や照明器具などの部材を組み合わせることで、ランニングコストの低減はもちろん、地球環境への配慮にも積極的に取り組んでいます。

【安心】

耐震性

すららな家の構造

マキノの家では、地震や暴風に抵抗するため建物を一体の軸として構成する、従来の木造軸組工法に加え、ハイベストウッドという耐力面材で耐力壁を形成し、耐震性を向上させた耐力面材工法を採用しています。

土台には天然無垢の桧を使用。耐久性・防蟻性に優れ、薬品による防蟻処理を施すことなく自然の力を活かした地球にも人にもやさしい建材です。軸組の接合部には、1棟ごとに行う構造計算によって導き出された緊結金物で固定。社外及び社内検査により確実な施工を行っています。

地盤調整・基礎工事

すららな家の基礎

建物を建築するにあたり、地盤は耐震計画によって重要な要素となります。軟弱地盤ほど地震力が大きくなり、建物にも大きな影響を及ぼします。マキノの家では耐震性と防蟻性にすぐれた、面で荷重を支えるべた基礎を採用。べた基礎に適した表面波探査法という地盤調査を1棟ごとに実施し、解析データに基づいた基礎工事を施工しています。配筋は耐震等級3仕様とし、大切な建物を長年支え続けます。

【暮らしやすさ】

快適な暮らしを実現する室内環境

すららアベニュー新築建売住宅の建材

昨今の住宅の高気密化・高断熱化に伴い今まで以上に通気性の重要性が高まっています。マキノの家では、躯体内に空気の通り道をつくり、湿気を放出する「通気構法」を採用。透湿防水シートとの併用で、壁体内の結露を防止し、室内側の雨水の侵入を防ぐことができます。また、通気層は空気を通すので、日射熱によって生じる壁体内の熱気を逃し遮熱効果を得ることもできます。

外気の熱を通しにくくする断熱性能

すららアベニュー新築建売住宅の快適イメージ

マキノの家では、壁、天井、床など外気に接するところに断熱材を使用し、夏涼しく冬暖かい、快適な室内空間を実現します。床下から壁内、小屋裏の換気を十分に行うことで、ひいては住宅の耐久性を向上させることになります。建物全体としては、住宅性能表示4等級相当の仕様となっています。

【省エネ】

省エネルギー性の高い住宅設備

すららアベニュー新築建売住宅の省エネ設備

建物内の住宅設備には消費電力を抑えたLED照明や給湯効率の高いエコキュート、従来よりも水を消費しない節水トイレなど、省エネルギー性の高い設備を採用することで年間を通してランニングコストを低減するとともに、CO2を削減することで地球環境にも配慮しています。

断熱性能の高い開口部

実は壁や屋根より、ドアや窓から出入りする熱は住まいの中で最も大きな割合を占めています。住宅の断熱化を図るにはまず開口部から考えることが必要です。すららアベニュー上林では、全棟断熱性の高い半樹脂サッシと断熱ドア、日射と結露を抑えるLow-E複層ガラスを採用し、快適な住環境を支えています。暑い夏も過ごしやすく、寒い冬も熱を逃しにくい、年中快適な環境は冷暖房費を節約でき、消費エネルギーやCO2の効果的な削減にもつながります。外気の影響を受けにくいため、室内の気温と室内側のドアパネルの表面温度差を抑えられ、温度差によって発生する結露を抑制し、湿気による住まいの劣化を防ぎます。

アクセスマップ